最新記事一覧

男性

日本車は評価が高い

日本車は途上国では絶大な人気を誇ります。中古車でも人気は同様です。乗用車に限らず、トラック・ダンプも同様です。特に海外に販路を持つ買取業者に見積を依頼擦ろと、思わぬ高い買取金額の提示も考えられます。廃車を考える前に査定だけでも受けるべきです。

男性

無料査定を利用する

ダンプを買取ってもらう業者はディーラーは使わずに、ダンプ買取専門業者の中で無料査定をしてくれるところを最低3つ選び、査定をしてもらってください。その中から相見積もりをして、最も高い買取金額を提示した業者を選ぶようにします。

ダンプカー

複数の業者に見積もり依頼

ダンプを買取ってもらうにはディーラーは避け、ダンプ買取専門業者にお願いするようにしましょう。査定前に買取金額の相場を知っておき、複数のダンプ買取専門業者に相見積もりをするようにして、その場で即決はしないようにしてください。

ウーマン

高値になりやすい

ダンプは中古品であっても高値がつくことがあります。処分を検討している場合には、買取業者に買い取ってもらいましょう。まず、複数の業者に買取金額を提示してもらい、比較することになります。当然、高値をつけてくれるところもあるはずです。

ダンプカー

工事車両の現金化のコツ

建設会社が車両を処分する時には、一括査定サイトを使ったり、継続的に取引する業者を選んで有利な条件を引き出すのがポイントです。カスタマイズしたダンプカーの場合には、デコトラの取り扱いに慣れている業者に相談すると、高い買取金額を提示してもらえるでしょう。

査定金額をあげるために

ダンプカー

最高額の業者に売却

不要になったダンプの買取査定をしてもらう前には、買取金額をあげるためにもある程度の準備が必要です。その準備は大きく分けると2つあって、ダンプを綺麗にしておくことと買取ってもらう業者を決めることです。ダンプを綺麗にするというのは何も傷や凹みを治しておく必要はありません。もともと土砂などを運搬するダンプは傷がつくのを想定して作られているので傷や凹みがある程度あったとしても買取金額には差が出ません。逆にきれいに傷を治してから査定してもらったとしても修理にかかった費用が無駄になってしまいます。綺麗にするというのは運転室内を掃除しておくこととタバコなどの臭いをできるだけとっておくことが重要です。ダンプの査定を行うのも人間なので、きれいに使っていると分かれば、買取金額に反映されることになります。大切に使っていた証の点検簿は忘れずに用意しておくようにしましょう。ダンプの買取金額は査定をする業者によって大きく異なります。最も高い買取金額を出してくれる業者にダンプを売却するように、最低でも3社の業者に査定してらうようにしてください。業者はディーラーのよりも商用車を専門に買取をしている業者の方が高い買取金額を出してくれる傾向があります。それは、自社で整備できて直接販売できたり、流通するルートを確保していることが多いためで、古いダンプで走行に問題があったとしても、ダンプは長期間使用されるものなので中古パーツを取る材料として使うこともできるためです。